逆援サイトランキング

出会いひろばのバナー

逆援助交際サイトを始める人は少なくありません。交渉さえしっかりやれば逆援助交際は出来ます。 年上の女性を狙うのがオススメです。人妻は秘密の関係を求める人が多いです

フレンズナビのバナー

淫乱人妻に興味ありますか?セフレを求める人妻が旦那の居ない昼の時間を利用して性欲を満たそうとしています。レディコミ、週刊誌に広告掲載後、全国各地で女性登録数が急増しました。

SWEET LINEのバナー

30代がメインとなって成り立つこのサイトは、大人向けのアダルトな香りのする出会い系サイトです。中には20代の女性もいるようですが、ほとんどの女性が30代以上です。

本当に逆援なんて存在するのか

逆援助は本当に存在するのでしょうか。答えは存在しますと言えるでしょう。
最近では無料の掲示板に直接書き込むのではなく、まずはLINEのIDを交換して、二人で交渉するケースが多いようです。

ただし多くの男性が思っているように女性が「10万円で一晩楽しませてくれる方募集」なんてことはあり得ません。

男性ならエッチしたくても、なかなか女性がいないということもあります。しかし女性の場合、出会い系サイトを利用してみてください。「エッチしたい男性募集」なんてコメントしたら、すぐに数十人はメールを送ってくるはずです。

それほどエッチ相手を探すことに関しては、男性と女性の立場は違うのです。援助交際の男女別バージョンが逆援助というのであれば、まったくありえないことなのです。

では存在する逆援助交際とはどういうものか。まず一つのパターンは、デートクラブなどに登録した男性で、女性とデートをした際に女性に気に入られてエッチまでしたいということになったときに、女性は男性にデート代プラスアルファーのお小遣いを渡します。
これが逆援助ということになります。

また、何らかのことからエッチ関係になった女性が、どうしてもその男性を気に入って、また会いたいと思った時にお金で割り切りたいという女性は、お小遣いを払ってまた会ってほしいと言うでしょう。
それも逆援助ですね。

ほかにも何らかのことからエッチ関係になって、何しろエッチが素敵だったからお礼がしたいということで物品をもらったり、お小遣いをもらったりという逆援助はあり得ます。

つまり、女性がこの男性とお金を払ってでもエッチがしたいという気持ちに、なるだけの魅力がなければダメだということなのです。ただ何もせずに数万あげるからエッチしようという女性は、たぶん一人もいないはずです。

このようにありえない逆援助をつくりだした人間、
そしてあくまでも男性にとっての援助交際と同じ感覚で、逆援助という想像の産物を作りだした人間は男性ではないでしょうか。

これは男性的発想であって、女性では絶対にこのような発想にはならないからです。つまり逆援助は存在しますが、男性がする援助交際とはちょっと違います。

例えば女性に男性が逆援助求めますといって、女性から返信がくるでしょうか。来るわけはなく、もし来たとしたら、それこそ悪質な連中が詐欺のかもにしようとたかってくるだけです。

つまり逆援助は確かに存在はしていますが、その辺にコロコロと転がっていることではないのです。

逆援のルールとマナー

逆援助にもルールやマナーがあります。ここで言う逆援助は出会い系などの逆援助募集で出会った場合の話ではありません。

女性からまだ見ぬ男性に対して先に金額を提示して、逆援助募集をするような女性はあり得ません。つまり、金額提示したような逆援助募集の書き込みなどはすべて裏があるということです。

ここで言う逆援助とは何らかのかたちでエッチ関係になり、その女性にとても気に入られ、お小遣いをもらったり、今度また会いたいということで援助してもらったりという場合のお話です。

その場合でも、まずルールとして女性が自分の情報で伝えてこないことは聞かないということは大切です。とにかく余計なことは一切聞かないことです。

もちろん年齢や未婚か既婚か、すべて女性から話してくること以外、一切話題にもしないことです。そして、逆援助としてお小遣いをもらうわけですから、それなりに女性の喜ぶセックスや、それだけでなく素敵な二人の時間を作る努力が必要です。

これは逆援助を続けてもらうためには、好かれる努力が必要だということであり、これは逆援助のマナーでもあるのです。

その他のエチケットとして、援助してもらったときには心からお礼を伝えることも大切なマナーです。
まるで当たり前のようにいただくのはちょっと違うように思います。

もう一つ、二人の時間の間は自分も相手を好きになることがマナーです。それによって相手はますます付き合いを続けたいと思うわけです。

逆援助といっても、ある意味ビジネスのようなものです。
報酬があれば、それだけのことはきちんと提供することは当然のことですね。

もちろん、そうはいっても人間対人間のことですから、そこには感情などがあり、ビジネスのようにただクールにできるものではありません。

しかし基本は報酬をいただけば、それだけのものはお返しするという気持ちが必要になるのです。そして、それができる男性は逆援助も長続きするタイプではないでしょうか。

自分のサービス、自分の魅力がお金に変わっているということを、きちんと自覚できていれば、その質を落とさない努力もできるはずです。

そこには女性を喜ばせる努力もあり、感謝の気持ちもなければなりません。それがあればプロと言えるかも知れませんね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ